母乳育児・ミルク育児・混合育児、どれがいいの?

さて、初めての出産を終えたママが次に迷うのが授乳の事ではないでしょうか。

「母乳・ミルク・混合(母乳&ミルク)の一体どれが良いのか…。」

厚生労働省の調べによると、
妊娠中に、「ぜひ母乳で育てたいと思った」と回答した方は43.0%、「母乳が出れば母乳で育てたいと思った」と回答した方は50.4%で、合計すると9割を超えており、大多数のママが母乳育児を希望している事がわかります。
参照:厚生労働省 乳幼児の栄養方法や食事に関する状況

ただ、ママと赤ちゃんの事情は人それぞれなので、ママと赤ちゃんに負担やストレスのない授乳が一番です。
現代は特に「母乳栄養が理想」のような風潮がありますが、各々のママと赤ちゃんに適した授乳方法で育児していく事が大切になってきます。なんせ半年以上続く事なので、無理のない方法をみつけて行きましょう。

ではさっそく、母乳・ミルク・混合育児のそれぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

母乳育児

ed64e541cd51d4225bc1edfe140e33f8_s

メリット
・バランス良い栄養や免疫が豊富に含まれている
・母乳は消化・吸収しやすく赤ちゃんの体の負担になりにくい
・経済的で手間(哺乳瓶などの洗浄・消毒)もかからないので授乳が簡単
・赤ちゃんが泣いたらすぐに授乳できる 
 夜間の授乳は横になったまますぐに授乳出来るのでママも楽です♪
 私の友人の双子ママは日ごろ両パイ授乳と言っていましたが、夜間の添い乳はさすがに両パイは難しいのかな…謎。
・母乳をあげることで母親としての自覚や赤ちゃんを愛おしいと思う気持ちが深まりやすい(スキンシップのひとつ♪)
・乳首を吸う赤ちゃんの唇の温度で、赤ちゃんが熱を出していないかわかるので健康チェックができる
・子宮収縮が促されママの産後の身体の回復が早くなる
 オキシトシンという物質が分泌される事で子宮回復が円滑になります。
 私の経験では産後すぐは授乳のたびに子宮が痛みました。(子宮回復の為の収縮の痛み)
 産後2カ月くらいまで、授乳時に子宮が軽くキューっと動くような感覚もありました。
・授乳によってママの身体から無理なく脂肪が落ちる
 それが母乳の乳脂肪となって赤ちゃんの栄養に変わります。
 完全母乳の場合は(個人差や赤ちゃんの月齢にもよりますが)、1日に約500~1000カロリーを消費することが出来ると言われています。
 お腹も空くようで、完全母乳の友人は「食べても食べても太らない♪」と喜んでいました。産後すぐ体重も戻っていたようですし、うらやましい…
・母乳はミルクに比べ赤ちゃんの便秘のリスクが少ない傾向にある


デメリット
・毎回おっぱいの手入れをしなくてはいけない
・乳房のトラブルが起きやすい 
 乳首が切れてそこから雑菌が入り込み、乳腺炎などおっぱいにトラブルが起こりやすいです。 
 母乳を沢山飲んでくれる赤ちゃんの場合は、どんどん母乳を作る為おっぱいが張り痛みがでたりしますし、作られた母乳を全て飲んでもらえないと乳腺炎を引き起こしてしまう可能性があります。
 産まれて間もない赤ちゃんは乳首の吸い方も上手ではないので乳首が痛みます。
 私は病院の売店でバーユを買ってぬっていました…
 IMG_4918
 「陣痛で苦しんだ後もまだ痛い思いをしないといけないのね…涙」と後陣痛と乳首痛に耐えました。
 
・赤ちゃんがどれくらい母乳を飲んでいるか把握しにくい
 母乳が足りていない場合もあれば、出すぎている場合もあります。
 赤ちゃんがどのくらい母乳を飲んだかは、下記のようにしてみてと病院から教えてもらいました。
 「授乳前にオムツを交換し赤ちゃんの体重をはかって授乳、授乳後も再び赤ちゃんの体重をはかる」
 これで授乳量もわかるんですが自宅にある体重計の目盛りの細かさにもよりますね…
 赤ちゃん用の体重計も売っていたり譲ってもらったりとできる場合もあるので気になる方は赤ちゃん用の体重計をお勧めします☆
・おっぱいの出が悪いお母さんにはプレッシャーやストレスになる
・消化吸収が良いため、授乳間隔がミルクより短いので、頻回授乳でママの疲れが溜まりやすい
 ミルクは授乳間隔を3時間はあける様に言われますが、母乳は赤ちゃんが欲しがったらあげるように勧められます。
・ママしか授乳できないので体調を崩したり、人に預けたりできない
 搾乳した母乳を冷凍しておくといざというときに役立ちます(冷凍期間に注意)
・ママのおっぱいに慣れた赤ちゃんは、哺乳瓶で飲むことを嫌がる
 上記のようないざというときの冷凍母乳やお薬が飲ませにくい事があります。
 そのような場合は哺乳瓶の乳首を少し温めて、ママの乳首に近い温度にしてみたり、いつもの授乳の体勢や角度にしてみましょう。
・授乳用ケープ、授乳用の下着(ブラジャー)、授乳パッドなどを揃える必要がある
・母乳はママの血液から作られるので、授乳中のママは薬や食べ物など口にするものに気をつけなくてはいけない
 体調管理、食事管理が重要です。
・便がゆるいのでこまめなおむつ替えが必要
 完全母乳の友人は、「オムツにうんちポケットがついていても背漏れする。涙」と言っていました。
 うんちの回数も多いようです。うちは混合育児なので、背漏れもなく便は少なく1日1回とか2日に1回です。

ミルク育児

cac2decf6aabe93b6090f27e46623ea1_s

メリット
・ママ以外の家族も授乳に参加できるので、育児のサポートが受けられやすい
・赤ちゃんが飲んだ分量をきちんと把握できる
・外出先でも簡単に授乳できること
 とは言え、高速道路のサービスエリアでは何となくミルクをあげづらかったです…気にしすぎかもしれませんが。
 オムツを替えられる場所はあっても「授乳室」というのは中々見当たりません。今後いろいろな施設で授乳室が増えますように!
・母乳に比べるとミルクは消化吸収の進みがゆっくりで、赤ちゃんの腹持ちがいいので夜は比較的ぐっすり寝てくれる
・体調が優れない時にママは気兼ねなく薬が飲める
・赤ちゃんが哺乳瓶に慣れるため、果汁やお白湯を与える時や断乳がわりとスムーズに行く
・乳腺炎(白斑)など母乳育児につきもののトラブルとは無縁でいられる


デメリット
・母乳に含まれる免疫を赤ちゃんにあげられない
・手間とコストがかかる
・泣いてもすぐにあげられない
 ミルクを冷ましている時間、ずっと泣いていると可愛そうになります。
・外出の際は粉ミルクと哺乳瓶、お湯(私の場合は白湯も)を持ち歩かないといけないので荷物が多く(重く)なる
・ママの子宮回復が遅れやすく、ダイエット効果も望めない
・母乳育児が理想という空気に居心地の悪さを感じる場合がある
・赤ちゃんの便が背中に漏れ出る事が少ない


ミルク育児を考えているママにも初乳だけは赤ちゃんに与えるよう指導する産院が多いと聞きますし、私がお世話になった病院でも母乳育児のフォローは手厚かったと思います。
私の母もいちいち「初乳は大事だから、しっかりあげてね!」と言ってきました…

母乳育児が理想(当たり前)のような思われがちですが、完全母乳で育児ができるほど母乳がでない方もいます。
私も完母ではないので、そう言った方の悩みについては追って記載できればと思います。


混合育児

e7ac7789644d1d2a438e071d52ba46a8_s

メリット
・PTOに応じて母乳でもミルクでも対応できるのでママの気持ちにゆとりができる
・母乳の栄養に加えミルクからの栄養も豊富に摂取できる

デメリット
・充分に母乳がでるおっぱいの場合、母乳の出が減る場合がある
・母乳育児、ミルク育児両方のアイテムを揃える必要があるのでコストがかかり、そのアイテムの消毒などの手間もかかる
・母乳とミルクの量に迷う 
 どのタイミングでどれくらいミルクを足せばよいか迷います。
 私はミルク缶に書いてある分量をうのみにして与えていたら、1カ月検診で「大きくなりすぎ、というか早産ですよね?!」と言われました。
 どうやら、1カ月でだいたい1kgくらいの増加が標準なようです。そこを1.6kg増えていたわけです。汗。
 ミルク缶の分量はあくまで参考までにとの事で、ミルク量の計算方法も先生に聞きました。
  体重×160÷ミルク回数
  例)5kg × 160 ÷ 8回 = 100ml 
   (病院によって計算方法が異なるかもしれないので可能であれば担当の先生に確認してみてください。)
 確かに赤ちゃんによって産まれた体重も違うし、1日の授乳回数も違いますもんね。
・赤ちゃんが母乳よりもミルクを沢山飲むようになってしまう場合もある

母乳とミルクの良い所を体験できると言っても、両方の大変さも持っているのが混合栄養です。
赤ちゃんが小さい時は特にママの負担も大きくなってしまいがちです。

ただ、どの授乳方法にもメリット・デメリットがありますので、赤ちゃんとママが一番やりやすい方法をとるのが良いかと思います。

母乳はほんの些細な事(ストレスや誰かに嫌な事を言われたとか)でも出なくなってしまう事があるので、ママはできるだけリラックスして赤ちゃんに接する事ができるように、周りやご家族にもフォローしてもらいましょう。
授乳方法にこだわる事無く、母乳やミルクを飲む赤ちゃんの幸せそうな顔をみて、赤ちゃんを愛おしく思う、授乳時間が楽しいと思える、それが一番です♪