チョコレート嚢胞って?どんな症状?その原因が知りたい!

チョコレート嚢腫と聞くと、お菓子のようなイメージを受けますが、じつは放っておくと怖い病気です。
チョコレート嚢腫は子宮内膜症の一種で、別名「子宮内膜症性卵巣嚢胞(しきゅうないまくしょうせいらんそうのうほう)」とも呼ばれます。
このチョコレート嚢腫が原因で、不妊症の原因になったり卵巣がんが発生する事もあるようです。
そこで今回は、チョコレート嚢腫について症状や原因、治療・予防方法についても同時にご紹介していきます。
53e79f5ba594598a7060d5c77e6ffd5d_s

チョコレート嚢胞とは?

まず、チョコレート嚢胞とはどんな病気なのかを見て行きましょう。

子宮の内側には「子宮内膜」という組織があります。
この「子宮内膜」は、受精卵が着床するのに備えて、卵巣からのホルモンの働きによって肥厚しますが、妊娠していなければ剥離し、月経(経血)となって膣から体外へ排出されます。

この子宮内膜がなんらかの原因で、子宮の内側以外の場所(骨盤の腹膜や、卵巣、膀胱、直腸などの腸管、肺、皮膚など)にできてしまい、その場所で増殖・剥離(出血)を繰り返す病気を子宮内膜症と呼びます。

この内膜が卵巣の内部に入りこんで発生するものを「子宮内膜症性卵巣嚢胞(チョコレート嚢胞)」と言います。

エストロゲンの影響で月経のたびに出血を繰り返すことによって、血液は卵巣に溜まって嚢胞を形成します。
出血した血液は時間の経過とともに茶褐色になり、ドロっと粘性をもつようになります。
これがチョコレートのようなので、チョコレート嚢胞と言う病名がつきました。

チョコレート嚢胞はエストロゲンの影響を受ける疾患なので、月経のある女性であれば誰でも発症する可能性があり、最近では若い女性を中心に増加傾向にあり、比較的発生頻度の高い疾患と言われています。

また、初期段階での自覚症状はほとんどなく、進行速度が遅く痛みがない場合などは、そのまま気づかない事も多いようです。


チョコレート嚢胞の症状は?

チョコレート嚢胞を発症し、それが進行すると下記のような症状が現れます。

主な症状で言うと「月経痛」であり、この痛みは月経の回数を重ねるたびに痛みが強くなり、日常生活に支障をきたしたり、鎮痛剤が手放せなくなる場合もあります。

5d5412e1f5620107892b0478f2a8a313_s
そのほかに「腰痛、排卵痛、性交痛、慢性骨盤痛、排便痛などの疼痛」、「下腹部の張り」などの諸症状が現れます。
また、「不妊症」の原因になることがあります。

さらに卵巣肥大が進み、もし破裂してしまった場合は激痛を伴い緊急手術が必要になります。
また、卵巣がんへ移行することもあります。


チョコレート嚢胞の原因は?

ea247c03808b71c841a22ad89a0f29b5_s
実はチョコレート嚢胞の原因・メカニズムは、まだはっきりとはわかっていません。

「子宮内にある内膜組織が卵管を逆流して腹腔内へ入ってしまった」、もしくは、「腹膜が何らかの影響によって子宮内膜に似た組織に変容してしまった」などが有力説とされていますが、確定したものはありません。
生まれつきの体質・遺伝、アレルギーなどが影響しているとも考えられていますが、原因は医学的にはまだ証明されていないのが現状です。

近年では、初経の年齢が早いにもかかわらず、長年妊娠しない(妊娠年齢が上がっている)ことによって月経の経験回数が増えてきています。
そうなると、毎月月経がくるたびに「子宮や卵巣」は休む暇なく働かなくてはいけなくなり、大きな負担になります。

昔は年齢が若いうちから妊娠を経験している女性が多かったので、月経の回数が現代の女性に比べて圧倒的に少なかったと言えます。
こう言った、現代の妊娠・出産のライフスタイルの変化も影響しているのではないかと考えられています。


治療方法は?

治療方法は「薬物療法」と「手術療法」の2パターンがあります。
これは、卵巣チョコレート嚢胞の大きさや症状などの疾患の進行度合い、患者の年齢、妊娠希望の有無によってどちらの治療方法を選択するかを検討します。


・薬物療法
薬物療法は複数の選択方法があります。
チョコレート嚢胞は女性ホルモンの影響が非常に大きいため、まずは薬によって女性ホルモンを抑えていきます。
9ab3d61bd5bef2f7bcf6112d5edf59ef_s

例えば、妊娠を望まない場合で4㎝以下の軽度のチョコレート嚢胞を認める人は低用量ピル(副作用が比較的少なく、長時間使用できる)が治療に使われるケースが多いようです。
※低用量ピルは、避妊の目的で処方を受けると全額自己負担となりますが、チョコレート嚢胞の治療のために使用するためであれば健康保険適用となります。

チョコレート嚢胞が直径5cm以上となると、手術療法が必要となってきます。

・手術療法
腹腔鏡下手術(お腹に小さな孔をあけて内視鏡を使って行う手術)と開腹手術がありますが、術後妊娠率や術後の負担の少ないことを考慮して腹腔鏡下手術が主流となっています。

9cb0ca6abf121eaa292991f9c9dc3b8b_s
年齢が若く妊娠を望む場合には、腹腔鏡下手術によって患部の嚢胞や癒着部分のみを切除し、卵巣を温存することができます。
ただし、再発の可能性も2.3割と言われているため、術後の管理も大切になってきます。

年齢が高く妊娠を望まない場合であれば、開腹手術によって卵巣を摘出します。
そうするとチョコレート嚢胞の再発の心配はなくなります。


予防方法は?

66103559ae2bfaa7e6f8550ea9188922_s
・食事での予防
バランスの良い食生活をこころがけるようにしましょう。
肉や乳製品などの動物性脂肪が多い食生活を送っていると、卵胞ホルモン(エストロゲン)が増えチョコレート嚢胞が悪化しやすくなると言われています。
動物性食品を摂り過ぎないように、バランスの良い食事を摂ることが大切になってきます。

※卵胞ホルモンがたくさん放出されるとなぜチョコレート嚢胞が悪化するの?
 卵胞ホルモンは妊娠の準備をする役割があり、子宮内膜に赤ちゃんのベッドをつくるため厚みを増します。
 しかし、これが卵巣内で形成されてしまった子宮内膜組織でも起こります。
 そのため月経のたびにチョコレート嚢胞は大きくなります。
 チョコレート嚢胞の発症が妊娠適齢期の20代~30代に多いのは、と卵胞ホルモンの分泌が活発であるのも原因の1つ言えます。

・生活習慣での予防
睡眠時間をしっかりとる事、ストレスをためない、禁煙、適度な運動を行うことなども挙げられます。
これはチョコレート嚢胞に限らずですが、ご自身の身体を健康に保つようにこころがけましょう。

・冷えを予防
からだの冷えには気をつけるようにしましょう。
からだが冷えてしまうと血行も悪くなるのはもちろんの事、ホルモンのバランスが乱れやすくなります。

ホルモンバランスを崩してしまうと、自律神経にも大きな影響を与える事になります。
温かい食事や飲み物と摂ったり、可能であれば毎日おふろで湯船に浸かって、月経周期を安定させるようにしましょう。

・薬で予防
最近では、低用量ピルも予防に使われる事が多くなってきました。
ピルは排卵を抑えるので、飲み続けることで月経の出血量や月経痛が軽くなり、子宮内膜症の進行を予防します。
ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

まとめ


チョコレート嚢胞について、症状・原因・予防・治療方法などをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

チョコレート嚢胞は、月経に伴って組織の中に出血するため月経痛が強く現れます。
また、月経期間以外であっても下腹部の痛みや性交痛、排便痛を感じることもあるようです。

もし、月経の回数を重ねるごとに月経痛(生理痛)がひどくなっている、月経時の痛みに何か違和感を感じた場合、性行の際に痛みを感じた場合は、子宮内膜症やチョコレート嚢胞の疑いがあるので、決して放っておかずに早めに婦人科を受診するようにしましょう。

重症例では妊娠の確立が低くなってしまうので、妊娠を望む場合は特にできるだけ早く婦人受診をして、治療を始めることをオススメします。