妊娠中は危険?!妊婦さんとカフェインの関係。

妊娠発覚!!
大切に育んでいきたい小さな小さな命。
妊娠が発覚したのと同時に妊婦さんが控えめとなるのが「カフェイン」
昔からよく妊婦さんにカフェインは毒!といった話しを耳にしませんか?
私も良く聞いていましたが何故ダメなのかなど詳細は良く分かっていませんでした。
私だけではなく多くの妊婦さんも同じことを思っている人は多いのではないでしょうか。

実際私以外にも周りの妊婦友達もいつもカフェインが入った飲み物ばかり飲んでいたから
何を飲めばいいか分からないと言った話を聞くこともあります。

そこで分かる範囲でカフェインと妊婦さんの関係性についてお話しをしていきたいと思います。

妊婦さんがカフェインを控えないといけない理由

カフェインは胎盤を通りやすい成分となります。母体だけではなく胎児へと移行して
母体と同じ濃度のカフェインが胎児の身体へと回ってしまいます。
カフェインの特徴である中枢神経の覚醒・興奮作用が胎児へ起こり更には子宮内の胎児
の発育不足の原因へと繋げてしまうリスクが高くなると言われています。

「カフェインって母体だけではなく胎児へも大きなリスクとなってしまうのですね。」
母体への影響もあり母体に必要なカルシウムを尿と一緒に排泄することを促してしまう作用が含まれているそうです。カフェインにはタンニンという成分が含まれておりそのタンニンがまた悪さを働き、、、母体と胎児に必要不可欠な鉄分の吸収をも悪くしてしまう原因を作ってしまうそうです。こういった部分から妊婦さんがカフェインを摂取することは昔から懸念をされている部分でもあります。

実際カフェイン含まれている飲み物って?

いつも良く飲んでいる飲み物にもカフェインが多く含まれている製品がある可能性が
ありますよ。一般的に言われている飲み物はコーヒーですよね?ですがコーヒー以外
にもカフェインを含む飲み物はあります!下記の表を参考にしてみてください。

カフェインを含む飲み物 カフェイン量
コーヒー 1杯につき約100~150㎎
インスタントコーヒー 1杯につき約90㎎
紅茶 1杯につき約75㎎
インスタント紅茶 1杯につき30㎎
コーラー 1杯につき40~60㎎
ココア 1杯につき10~20㎎
ウーロン茶 1杯につき40~50㎎

このように製品によりカフェイン量は異なりますが、一般的に飲まれている飲み物にはカフェインが少なからず含まれているようです。
少し面倒くさい作業にはなりますが、妊婦さんは飲み物を摂取する前にカフェインがどのくらい入っているのかを確認し飲むようにしましょう。
ちなみにカフェインが含まれていない飲み物は麦茶や水そして100%果汁のジュースなどが挙げられます!このような飲み物であれば問題ゼロ!となるので出来ればカフェインゼロと記載のある飲み物を率先して愛飲していきましょう。

大好きなカフェインを我慢しすぎもNG!

カフェインと妊婦さんの関係をお伝えしてきましたが、カフェインを我慢しすぎてしまうのも問題!カフェインを100%摂ってはいけないということではありません。
妊娠前は毎日コーヒーや紅茶を飲んでいたという人も少なくはないと思います。
カフェインを毎日とっていた人は急にとらなくなるとかえってストレスとなってしまう場合が考えられます。妊婦さんにとってストレスは更に母体と胎児にとって悪影響となりますのでタイトルにもあるように我慢は禁物!!

カフェインを含む飲み物 1日の摂取可能量
コーヒー 2杯~3杯
煎茶 3杯~4杯
紅茶 1杯~2杯

を目安としてのカフェイン摂取であれば問題ございません。是非参考にしてみてくだ
さい。

まとめ

このようにカフェイン自体は妊婦さんにとってあまり良くない飲み物となりますが1日に摂っても良いとされる量を認識に母体自体にストレスがかからない程度で試してみてください。先程のこのページ内でお伝えをしましたがカフェインを我慢してストレスを感じてしまう方が母体にも胎児もとても悪い結果をもたらしてしまいます。
妊婦さんにとってストレスは最大の敵!ストレスを感じないように気を付けていきましょう。