もう行った?大型複合施設「ららぽーとEXPOCITY」

今回、みなさんにご紹介したいのが「ららぽーとEXPOCITY」です!
大阪万博記念公園の横に建設された日本最大級の大型複合施設。
エキスポランド跡地に建てられ、2015年11月19日にグランドオープンしました。

ららぽーとといえば、アウトレットのイメージが強いと思います。
正確には、アウトレットに限らず「総合型ショッピングセンター」という位置付けにあるみたいです。

もちろん、たくさんのショップが施設内に立ち並んでいますよ。
有名ブランドもたくさん入っているので、ショッピング好きにとってはぜひ一度訪れたいところ。

ただショッピングセンターとなると、子供と一緒に行く場所とは少し違う気もしますよね。
そこで意識してほしいのが「総合型」「複合施設」ということ。

ららぽーとEXPOCITYには、小さなお子さんも楽しく過ごせる施設がたくさんあります!

EXPOCITYにきたらニフレルで感性にふれる

NIFREL ららぽーとEXPOCITYといえば、ショッピング色が強いイメージがありますよね。
しかしCMやお昼のワイドショーなどを観ていると、いろんな施設があることがわかります。
その中でも特に注目されているのが「NIFREL(ニフレル)」です。

ニフレルは、何と海遊館監修の水族館?動物園?です。
というのも、お魚だけでなく鶏や猛獣などいろんな生き物がいるみたいですよ。
生き物ミュージアムと言ったところでしょうか。
公式サイトにも、「生きているミュージアム」と記載されてあります。

ニフレルの語源にもなったのが「感性にふれる」というコンセプト。
子供から大人まで、あらゆる人の感性を刺激し、豊かにするということから生まれたようです。

やっぱり子供の成長には、幼少期の経験が大切。
感性を刺激するような経験をさせてあげたいものです。

たくさんの生き物たちの美しい姿や不思議な行動など、子供の興味をそそること間違いなしです。

ポケモンEXPOジム

pokemonexpogym 子供にとって絶対に行きたいのは、「ポケモンEXPOジム」ではないでしょうか。
ポケモンというのは、本当にたくさんの子供を魅了するゲーム・コンテンツですよね。
かくいう私も幼少期に親に買ってもらって一日中遊んでいた思い出があります。

ポケモンEXPOジムでは、7つのトレーニングプログラムがあります。

・リザードンのバトルコロシアム
・ドーブルのプロもスタジオ
・カイリキーのエイドセンター
・ゾロアークのちょい悪道場
・マッチョJのポケモンボクササイズ
・サーナイトのEXPOCITYそうさほんぶ
・ポケモンBATTLEボウリング

それぞれ簡単なアトラクションとなっているようです。
実際にポケモンと触れ合っているような感覚で楽しめるみたいですよ。
楽しそうにはしゃぐ子供を見て、私たちも癒されたいものです。

またポケモンEXPOジムギアという専用スマートフォンアプリもあるみたいです。

ひつじのショーン ファミリーファーム

ひつじのショーン 子供に大人気のキャラクター「ひつじのショーン」をご存知ですか?
そのひつじのショーンの体験型アミューズメントパークが、ららぽーとEXPOCITY3Fにグランドオープン。

何と製作会社でもあるアードマン監修・強力のもと建てられた常設パークなんですよ。
ひつじのショーンの世界観の感じながら、スライダーや吊橋、ターザンロープなどいろんなステージを楽しめます。

もちろん他にも、いろんなステージがありますよ。

大自然超体験ミュージアム「Orbi」

orbi-logo 最後にご紹介するのが、大自然超体験ミュージアム「Orbi(オービィ)」です。
何がすごいって、人間の五感に語りかけるようにリアルな自然を体験できること。

映像や音、触感、匂い、からだで体感するリアルな自然は、ド迫力&新体験です。
きっと子供だけでなく大人にとっても、良い刺激になるのではないでしょうか。

こちらは、2016年1月29日グランドオープンとなっています。

【ららぽーとEXPOCITY詳細情報】

住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1
最寄駅:大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩約2分

営業時間は、各施設によって異なるので公式サイトをチェック!
ららぽーとEXPOCITY公式サイト