貧血やめまいを甘くみないでください

妊娠中のママさん、任活中でこれから初めて妊娠を経験しようとしているママさん。

女性というのは、もともと鉄分などが不足し貧血になりがち。

昔からのお付き合いなので立ちくらみなども、「またいつものことか」と思ってしまいますが、妊娠や出産などが関わっている場合は安易で考えてはいけません。

貧血の原因とは

血液中には臓器や器官に酸素を運ぶ水分や赤血球などが含まれており、赤血球が少なくなって水分量が増えてしまい、血液が薄くなってしまうことより起こります。

妊娠すると、母体よりも優先的に赤ちゃんへ酸素を運ぼうとします。
酸素は血液の赤血球の成分であるヘモグロビンによって体内へと運ばれていきます。
赤ちゃんへ酸素を多く運ぶため、母体内では頑張って血液を作るようになり、血液量は増え続けます。
血液がドロドロになってしまうのを防ぎ、血流を良くしより多くの酸素を赤ちゃんへ運ぶためなのです。
ただ、赤血球自体はそこまで増えることがないため、血液が水分で薄まってしまう状態となるため、貧血に陥りやすくなってしまいます。
妊婦さんの多くが貧血になりやすくなるのは、これらのことが原因と言われています。

貧血によるめまい、立ちくらみで酷い症状の場合は転倒してしまう恐れがあり、転倒(衝撃)というのは胎内の赤ちゃんに対して流産であったり大変危険なリスクがあることをしっかりと認識しておいてください。

貧血の種類には2種類ある

妊娠中になりやすい貧血は、葉酸が不足してなる「葉酸欠乏性貧血」と、鉄分不足から起こる「鉄欠乏性貧血」の2つがあります。

■葉酸欠乏性貧血
他のページや記事でもご紹介していますが、葉酸とは赤ちゃんの細胞を生成したりするのに必要不可欠な栄養素ですが、一般食から必要量を摂取するにはなかなか難しいため、サプリメントなどを活用し、必要量を摂取するよう心がけてください。

葉酸が不足してしまうと、下痢などの症状などが起き蠕動と言われる筋肉の収縮波動が胎内にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼし、流産してしまうという危険性もあります。

■鉄欠乏性貧血
妊娠中に起こる貧血の大半はこちらに分類され、妊娠前と妊娠中に比べたら約1.5倍ほどの鉄分を摂取する必要があると言われています。

そのため、体内の鉄分が不足しヘモグロビンが生成されなくなって貧血になります。


出産時にトラブルになる可能性がある

頻繁に貧血を繰り返していると、分娩時間や陣痛が長くなったりする傾向があります。
出産後に出血が多く、ひどい場合はなかなか止まらなかったりして血液が固まらない「弛緩出血」を引き落とし、輸血が必要になり命に危険が及ぶ可能性もあります。

もちろん、赤ちゃんへ及ぼしてしまう可能性があるリスクというのもあります。

■流産や早産
赤ちゃんがしっかりと成長できずに起こる可能性。

■低体重で出産
赤ちゃんへ酸素や栄養素がしっかりと行きわたらず成長に遅延が生じ、低体重で生まれてくる可能性。

■弛緩出血
出産する際の子宮収縮が悪くなり、出産後に胎盤が剥がれ落ちて出てきた後、血が止まりにくくなってしまったり大量出血する可能性。

■微弱陣痛
出産する際の、赤ちゃんを胎内から外へ押し出す力が弱まってしまい、出産が長引く可能性。


いかがでしたか?
たかが貧血と思っていたら、赤ちゃんにも母体にも何かとリスクというのは存在するものです。
葉酸欠乏や鉄欠乏にならないためにも、日々の食生活や生活習慣というのにはしっかりと意識して、妊娠や出産に臨むようにしておきましょうね♪