赤ちゃんのコップ飲みの練習はいつから始める?練習のコツや注意点は?

離乳食が始まる頃、離乳食が進んでいく頃になると気になってくるのが、赤ちゃんのコップトレーニングではないでしょうか。
「保育園の入園までに」「この時期までに」コップを使えるようになっていた方が良いのかな…。なんて悩んだり焦ったりするママも少なくないようです。

赤ちゃんがコップやストローを使って自分で水分を摂ることができるようになると、ママも赤ちゃんの食事のお世話が少し楽になります。
しかし、初めての育児の場合、「コップのトレーニングはいつから始めたら良いのか」「具体的にどういう風に始めたら良いのか」を迷ってしまう(気になる)ママも多いのではないでしょうか。
今回は、赤ちゃんのコップのトレーニングの時期、方法やコツ、注意点などをご紹介していきます。

コップ飲みのトレーニングを始めるタイミングは?

赤ちゃんがコップで自分で飲む練習をスタートする時期は、離乳食が2回食になる生後7ヶ月~8ヶ月ごろのモグモグ期がひとつの目安となります。
同じ月齢でも、赤ちゃんによって成長の度合いや離乳食の進み具合は個人差があって様々なので、赤ちゃんが離乳食に慣れてきて、スプーンから食事を取り込み、上唇と下唇を使ってモグモ
グゴックンと「飲む」ことができるようになってきたら、コップトレーニングを始めるタイミングです。
a2a52cc9092fb70f7700f8cf8143ba0d_s

生後5ヶ月~6ヶ月ごろのゴックン期に、スプーンで汁物(お味噌汁やスープなど)を飲む練習をしておくと、コップ飲みの練習がスムーズに行きやすいです。
コップ飲みのトレーニングは、離乳食の進み方や赤ちゃんの様子で判断すると良いでしょう。


コップトレーニングの始め方

まず大切なのが、焦らずに少しずつ進めると言うことです。
赤ちゃんにとってはコップの中のものを飲むということは、大人が想像している以上に難しいものなのです。
コップの練習をスタートして、すぐに飲めると思わず、赤ちゃんのペースで進めるようにしましょう。

【ステップ1】
コップ遊びからスタートします。
まずは赤ちゃんが自分でコップの取っ手をつかむことができたりと、コップに慣れるということも大切です。
IMG_8070

お風呂で子供用のプラスチックコップを使って、赤ちゃんがコップに水をいれたり流したり、コップを傾ける感覚をつかんでもらうのも良いでしょう。
お風呂だったらコップの中の水をこぼしてもママは全然気にならないので、お風呂での練習もオススメです。

また、用意するコップは軽いもので、取っ手があって赤ちゃんが持ちやすいものを選びましょう。
最初は取っ手が両方についているコップの方がバランスがとりやすいので、赤ちゃんが使いやすいです。
赤ちゃんが好きなキャラクターなどのコップを、おもちゃとして持たせておくのもコップ慣れに良いかと思います。

【ステップ2】
次は、おちょこなどの小さな容器(小皿など)を使って飲む練習をしてみます。
おちょこや浅くて口が広がった容器、ベビー用の小ぶりな湯飲みなどがオススメです。

小さな容器の場合、容器に入っている水分の量や位置を赤ちゃん自身も確認しやすいので練習には良いかと思います。
赤ちゃんの鼻や顔が隠れてしまわない容器や、透明な容器(哺乳瓶のキャップなど)を使用すると、ママも赤ちゃんの口元を観察しやすいです。

最初は、ママが赤ちゃんの口に水分を流し込みますが、練習していくうちに赤ちゃん自身で水分を吸いこむことができるようになってきます。
この時に、容器の厚みにあわせて縁を上唇と下唇ではさむことを覚えていきます。

うちの子供はまだこの段階です。
「もうそろそろコップが使えるかな?」と思って、ピジョンのマグを使ってみたのですが、まだ早かったようで。
マグを渡すとコップと認識はできず、触って遊んでいる状態です。
でもこのマグは、飲み物が出る量を調節できるつまみがついているので便利です。
IMG_8054
参照:●PIGEON(ピジョン)マグマグ コップ●

スパウト(クロスカットの吸い口)も使ってみましたが、うちの子にはスパウトが苦手そうだったので、スパウトのステップは割愛しました。このステップはあっても良いし、無くても問題ない(無理に練習しなくても大丈夫)かなと思いました。
IMG_8144 左がスパウトです。


【ステップ3】
上記のような容器から飲むことができるようになってきたら、いよいよコップから飲む練習をスタートしてみます。
コップの縁を赤ちゃんの下唇に乗せて、コップを傾けてあげます。
赤ちゃんは、上唇で流れてくる飲み物を止め、1回に飲む量を調節しながら飲めるようになります。
最初は一口ずつ口に入れてゴックンと飲みますが、練習に慣れてくると連続してごくごくと飲めるようになってきたり、自分でコップをしっかり持って、口に飲み物を入れるようになっていきます。


コップ飲みのコツ・ポイント

・赤ちゃんが持ちやすいコップを用意する
・最初はお水からスタートする(お水ならこぼしてもベタベタしません。)
・コップに入れる水分は、コップの3分の2程度にする(少なすぎると赤ちゃんが飲みにくいため。コップもいっぱい傾けないと飲み物が流れてこないため。)
・コップを使っているお友達と一緒にお食事をしてみたり、パパママがコップを使って楽しそうに食事しているシーンを見せて、コップ飲みに興味を持ってもらう
・ビニールシートを敷いた上や、お風呂で練習をするとこぼしても気にならず、赤ちゃんも失敗を恐れず練習できる
IMG_8143

コップ飲みの練習がうまくいかないときは?

コップから上手に飲み物が飲めない場合は、コップを変えてみて赤ちゃんの様子を見ましょう。
口の左右から飲み物がこぼれだしてしまう場合は、口の広い容器が苦手なのかもしれません。その場合には、紙コップの縁を一部折ったものや、シリコン製のお弁当カップなどを使って赤ちゃんの口に飲み物を注いでみましょう。
うちの子はシリコンカップで、トマトの果汁を飲んでました。IMG_8078
赤ちゃんが、コップで遊んでしまって練習どころでは無くなった場合は、無理をせず一旦コップ飲みの練習を中断し、食事の最後に改めて練習するなどします。

まとめ

今までおっぱいや哺乳瓶に慣れていた赤ちゃんにとって、コップで飲み物を飲むということは大人が思う以上に難しいことです。
上記のステップを踏んで、根気よく練習をしていけば、自分でコップを持って自分で飲めるようになっていきます。
最初は、コップに興味を示さなかったり、飲もうとしなかったり、何回練習してもこぼしてしまったりと、コップトレーニングがうまくいかないことがあるかもしれませんが、赤ちゃんのペースに合わせて焦らずゆっくりと練習してきましょう。

うちもまだコップで飲めるまでは時間がかかりそうですが、「いずれ一人でコップを使えるようになる」と、のんびり構えて練習して行こうと思っています。
赤ちゃんが飲み物をこぼしてしまってもイライラせず、おおらかに見守ってあげましょう。
コップで上手に一口飲めたら褒めてあげるなど、赤ちゃんの成長をパパママみんなで喜んで、楽しいコップトレーニングにできると良いですね☆