新生児の赤ちゃんと暮らす流れ

妊娠中のママさん、妊活中のママさん、出産後間もないママさん。

新しい命が宿り、生まれてくるのって本当に奇跡ですよね。

そんな奇跡を起こしてくれるママさんに、赤ちゃんが生まれた後、赤ちゃんの1日について先取り予習しておきましょう!

生まれた後は何かと忙しくて、初めて生んだママさんはどういう風にしたら良いのかわからないという方も少なくないと思います。

出産から退院や1日の流れについて細かくまとめてみたので、出産後の参考として読んでみてくださいね♪

病院を退院してからお家につくまで

赤ちゃん出産後、退院して赤ちゃんと一緒に帰宅しますよね。
基本的にはパパやおばあちゃん、おじいちゃんがお迎えに来てくれることが一番良いのですが、今回はパパが病院まで迎えに来るケースでお話ししていきますね。

■パパのお迎え
パパがお迎えに来てくれるときに必ず持ってきてほしいものがあります!これは、事前に伝えておくようにしましょうね!

・電車や徒歩の場合
新生児用のベビーカー
日傘
横抱きすることのできる、抱っこ専用のひもなど

・自家用車の場合
新生児用のチャイルドシート
※法律でも定められているので、赤ちゃんの命を守るため万が一はあってはいけませんし、必ず用意するようにしてください。

窓に取り付けるサンシェード
新生児の赤ちゃんは日差しに弱いので必ず取り付けるようにしてください

※タクシーやバスを利用するときは、チャイルドシートを取り付けることが難しいためあまりおすすめはできません。ただ、どうしても必要であればタクシーなどを利用し、チャイルドシートをつけても大丈夫か確認しましょう。

・その他用意しておいた方が良い物
「おくるみ」と呼ばれる赤ちゃんを包み込むもの。
温度調節が苦手な赤ちゃんのため、用意しておきましょう。

■病院でお会計
これは病院によって異なる場合がありますが、退院した際に入院費を精算することが多いので、パパにお金を持ってきてもらうようにしましょう。

自宅に到着

ようこそ我が家へ!
まずは、赤ちゃんを寝かせる場所まで連れて行ってあげましょう。

■おむつをチェック
新生児の赤ちゃんは10回~20回くらいのおしっこをします。寝かせた後はまずおむつをチェックしてあげてください。

■授乳する間隔
新生児の赤ちゃんは2時間間隔くらいに授乳しましょう。

■眠るタイミング
新生児の赤ちゃんは1時間~2時間ごとに寝ます。
お腹がいっぱいになるとすぐ寝てしまいます。

基本的には、おむつ→寝る→授乳というローテーションを繰り返すことになります。

沐浴させる
新生児の赤ちゃんはいきなりママやパパと同じようにお風呂へ入ることはできませんね。
そこで、沐浴(もくよく)という方法で赤ちゃんをお風呂に入れてあげます。
沐浴後にスキンケアをしてあげることを忘れないようにしてくださいね!

家族として赤ちゃんが来たばかりのときは何かとやることも増え、ママはとても大変です。
もちろん、パパにも手伝ってもらうことが増えてくるので普段はママに任せっきりだった家事もパパにやってもらうなどして、しっかりと夫婦で協力するようにしましょう。
ご実家暮らしの方であれば、もちろんママである貴女を育てた経験があるので、助けてもらいながら元気な赤ちゃんを育てるようにしましょうね。


ママの1日

あくまでも代表的な例として挙げるため、当てはまらない場合もございますがご了承ください。
※2時間クールでのサイクルになります。

■6:00
起床、おむつ替え、授乳、朝食準備

■8:00
パパの出勤、おむつ替え、授乳、家事

■10:00
おむつ替え、授乳

■12:00
おむつ替え、授乳、昼食

■14:00
おむつ替え、授乳、家事

■16:00
おむつ替え、授乳、お買い物など

■18:00
おむつ替え、授乳、夕飯の支度、赤ちゃんの沐浴

■20:00
おむつ替え、授乳、家事

■22:00
おむつ替え、授乳、合間で休憩

■0:00
おむつ替え、合間で就寝

■深夜帯
おむつ替え、授乳


見ているととっても大変ですよね。
新生児の段階ではとても大変です。もちろん、夜泣きをすることもあり思ってもいない時間に起こされてしまうことも。
生後3ヶ月程度過ぎるまでは上に書いてあることの繰り返しになります。

大変なことですが、大切な自分の子供。
いつまで経っても親からすれば子供は愛おしい存在であり絶対に切れない絆で結ばれている家族なのです。

しっかりと周りに協力してもらいながら、愛情をかけて育ててあげてください。

新生児の赤ちゃんとの生活第一歩目の流れでした♪