ママ必需品☆気になるマザーズバッグの選び方

ママのマストアイテムであるマザーズバッグ。
バッグの種類もブランドの種類もたくさんあって、どんなバッグを用意したら良いか迷ってしまいます。
機能性はもちろん、デザインにもこだわりたい・・・
そんなママに、失敗しないマザーズバッグの選び方をご紹介します♪

マザーズバッグの中身は何が入ってるの??

赤ちゃんとのおでかけはどうしても荷物が多くなってしまいます。
替えの衣類、母子手帳、おむつ、おしりふきシート、ミルク、離乳食、おやつ、ウェットティッシュ、タオル、ブランケット、おもちゃ・・・心配でついつい色々入れてしまいます。
こう言った、赤ちゃんの荷物だけでなくママの荷物(お財布など)もたくさん入るようなバッグで快適にお出かけしたいですね☆

赤ちゃんとおでかけ
では、次にバッグの種類によっての特徴を見てみましょう。

【トートバッグ】
○抱っこ紐と一緒に使える
○ポケット・付属品が多い
○物の出し入れがし易い
○荷物が多い・車移動が多いママにおすすめ
△肩からずり落ちる・持ちにくい
△肩紐部分に重量が集中するため、重く長時間には不向き
△両手がフルで使えない

トートバッグ
【リュック】
○両手がフルで使える
○ハードな動きも問題なし
○肩に負担が少ない・長時間に向いてる
△抱っこ紐と一緒に使えない
△物の出し入れの度にリュックを降ろさないといけない

【斜めがけバッグ】
○両手が使える
○肩から落ちない・長時間でも大丈夫
△抱っこ紐と一緒に使えない
△荷物がたくさんは入らない
△前のめりの姿勢になるとバッグが前に滑り込んでくる

ショルダーバッグ
【ウエストポーチ】
○長時間つけても問題なし
○散歩などのちょっとしたおでかけに便利
△抱っこ紐と一緒に使えない
△荷物がたくさん入らない

どのバッグもメリット・デメリットはありますが、それぞれのライフスタイルに合わせてバッグを選ぶ事をおすすめします。
例えば、子供の年齢・人数・多い移動手段・ベビーカーや抱っこ紐を使うかどうかでも変わってきます。ベビーカーや車での移動が多い方には1つに荷物がまとめられる大容量のトートタイプが便利かと思います。

ライフスタイル以外でのバッグ選びのポイント


1.バッグ自体が軽いものを選ぶ
小さな子どもとのお出掛けは、荷物が多くて重くなりがちです。なので体への負担も少ない軽いバッグを選ぶのがポイントです。

2. ポケットが多いバッグを選ぶ
マザーズバッグは利便性が求められるので、バッグの底や内側・外側にたくさんポケットや仕切りがついていて、中身を小分けに収納できるようになっています。
哺乳瓶入れ、おむつ入れ、携帯電話入れなど専用のポケットがあるマザーズバッグは必要な物がすぐに取り出せるのでおすすめです。

3.丈夫なバッグを選ぶ
ナイロン素材やポリエステル素材は軽くて汚れに強くオススメです。
重い荷物を入れても大丈夫な素材や縫製、急な雨や汚れなども考えられるので、すぐにふき取れたりできる素材かどうかがポイントです。


まとめ

機能性・デザイン・ライフスタイル・・・
これらを考えても全ての条件を満たすバッグが見つからない場合もあるかもしれませんが、
マザーズバッグを選ぶときは「軽量」、「収納力」、「使うシーン」がポイントになります。
デザイン性だけで選んで失敗しないように、機能性・使い勝手・使用場所を考え、
ご自身にあったマザーズバッグを選ぶことをオススメします。
必ずしもマザーズバッグを買う必要はなく、今お持ちのバッグで十分間に合う場合もあります。
また、ゆくゆくは旅行用や一生使いできるバッグを選ぶのも良いかと思います。


いかがだったでしょうか?
最近では、斜めがけバッグにみえて開けたら財布になっているカバンもあるようです。
財布を取り出すという作業を省略できる賢いカバンですね。
ぜひ、赤ちゃん&ママに合ったマザーズバッグを見つけてみてくださいね♪