妊娠中のつらい便秘、その原因と解消方法☆

妊娠すると身体に色々な変化が起こります。代表的なもので言うと、吐き気、胸やお腹のハリ、頭痛、乾燥肌、頻尿などです。
その他、多くの妊婦さんが悩むのが便秘です。女性は男性に比べると便秘になりやすいですが、今まで便秘と縁がなかった人でも便秘に悩まされたりします。
その原因は一体何でしょうか。解消方法についても記載したいと思います。

便秘の原因


・ホルモンバランスの変化
妊娠中に活発に分泌される黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑える働きがあります。実はこのホルモンは子宮だけでなく、腸のぜん動運動を抑制する働きもあるのです。
ぜん動運動が抑制される事により便がスムーズに流れていかず便が出にくくなると言うわけです。
妊娠中の便秘 お腹のハリ

・子宮が腸を圧迫
妊娠の周期が進むと、子宮内の胎児が大きくなり腸を圧迫します。これにより、腸も肛門も圧迫され便の通りが悪くなり、便秘や痔にもなりやすくなります。

・食生活の変化
つわりによって食欲がなくなり食事の量や水分の摂取量が少なくなりがちです。食事量の他には食事内容も関係します。人によってさまざまですが、私の場合は妊娠初期はフライドポテトやポテトチップスやつけ麺など塩分のあるものが妙に食べたくなったり、つわりのピークにはパン(惣菜パン以外)と冷たいおうどんと果物(バナナ以外)しか身体が受け付けなかったりしました。
野菜などからのミネラルや食物繊維をほとんど摂取していない状態だったので、やはり便は毎日は出ませんでした。
(この時期は栄養が偏って、立ちくらみなどもしていたので「鉄分」と「葉酸」サプリメントは毎日飲んでいました。)
妊娠中の便秘 ポテト

・ストレスや疲労
妊娠中はマタニティブルーやマタニティハイなど、精神的に不安定になりがちです。
また、つわりなどによってもうまく食事ができない事や、疲れやすかったりなどで精神的にストレスを感じやすいです。精神面のバランスが不安定であると、腸の運動をつかさどる自律神経にも影響がでる為、ストレスや疲労によって腸の動きが鈍くなり便秘になりやすくなります。

・運動不足
妊娠するとびっくりするほど疲れやすくなるので、体を動かすのが億劫になります。
つわりもひどいと一日寝たきりなんて事もあります。もうお風呂すら面倒臭くなったりとか。(私です。笑)
腸は適度な運動によって動きが促進されるので、運動量が減るとやはり腸の動きが弱く便秘になる事があります。
妊娠中の便秘 寝たきり


便秘の解消方法


・水分補給
水分不足は便秘の原因になりますので、お水を積極的に飲むように心がけましょう。
特に朝起きてすぐコップ一杯のお水を飲む事で、胃腸が刺激されて排便が促進されやすくなります。
身体を冷やさないように常温のお水を一日1.5リットル~2リットルを目標に少しずつこまめに飲むのがおすすめです。
妊娠中の便秘 水

・食物繊維や乳酸菌の摂取
「不溶性食物繊維」:水分を吸収して膨らみ、ぜん動運動を活発にする
 野菜や穀類(とうもろこしや大麦、ライ麦など)、豆類(いんげん豆、あずき、えんどう豆、おからなど)に含まれています。

「水溶性食物繊維」:大腸内で発酵や分解されると、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす
 海草類(昆布やわかめなど)、果物(アボカド、いちじく、洋ナシ、キウイ、パパイヤ、プルーンなど)、こんにゃく、ごぼう、人参、オクラ、切干大根、里芋などに含まれています。

「乳酸菌」:腸の動きを整える
乳酸菌の代表と言えばヨーグルトです。その他には、乳製品、納豆、味噌、漬物、キムチなどの発酵食品にも多く含まれているので、体調と相談しながら食べやすいものを選ぶようにしましょう。
妊娠中の便秘 ヨーグルト

・適度な運動
運動は腸を刺激し、ぜん動運動を促します。妊娠中はどうしても運動不足になりやすいので、ウォーキングなど適度な運動をオススメします。
運動で血行を良くし子宮の代謝を促すことは、流産予防にもなりますし、気分転換にもなります。
妊娠中の便秘 ウォーキング

・便秘に効くツボを押す
便意が無くてもトイレに座る習慣をつけましょう。そしてお腹のツボを押してみましょう。
天枢(てんすう):おへその付近に2か所あるツボです。おへそから指2~3本分外側に離れた部分がこの天枢です。
大巨(だいこ):おへそのそばに左右2か所あるツボです。おへそから指2~3本分外側に離れ、さらに指2~3本分下がった部分(つまり、天枢から指2~3本下がった場所)が、大巨です。
私は特に、左の骨盤をつかんでお腹左部分を3本の指でぐーっと何回か押すと便意を感じやすくなります。そのあと左から下、右、上とお腹を軽く円を描くようになでたりします。
人それぞれ効きやすいツボがあると思うので試してみてください。

・身体を温める
身体を温める事も効果的です。身体が温まると内臓の働きも良くなり便秘緩和が期待できます。妊娠中は身体の冷えは大敵なので、湯船に浸かったり、足湯をしたり、腹巻などで冷え対策を。
妊娠中の便秘 足湯

・医師に相談
上記の解消方法を試しても、どうしても便秘が緩和されない場合は医師に相談しましょう。
妊娠中に何日以上排便が無かったら相談するという決まりはないですが、私が相談した医師は二日に一回は出た方が良いかなと言っていました。
(アローゼンという顆粒のお薬を出してくれました!)
市販の便秘薬ではなく、医師に処方されたお薬を飲むようにしてくださいね。


以上、便秘の原因と解消方法をご紹介しました。
ご自身に最も合う解消方法を探してみてくださいね♪