お宮参りの基礎知識☆時期は?場所は?服装は?

赤ちゃんが無事に産まれてから初めて行う行事「お宮参り」。
お宮参りって?いつ祝うの?準備するものは?服装はどうしたら良いの?難しいマナー等はあるの??など新米のママやパパにはわからない事だらけではないでしょうか。
何をどうすれば良いか悩む方に参考にして頂きたく、お宮参りの時期・場所・服装・準備するものなどについてまとめてみました☆

お宮参りの行い方は地域によって様々なので、今回は一般的な事例をご紹介します。もうすぐ赤ちゃんが生まれると言う方や、お宮参りを予定している方はぜひ参考にしてみてください☆

お宮参りとは

お宮参りは、生まれたばかりの赤ちゃんを、住んでいる土地の神様「産土神(うぶすながみ)」に紹介すると共に、その健やかな成長を見守っていただきたいとお願いする行事のことを言います。
「産土参り=うぶすなまいり」とも呼ばれます。

お宮参りはいつ行く?

4b4a12a6aa1b5d0d755b9ce9a80c2830_s
お宮参りの時期は地方により様々ですが、一般的には、男の子は生後31日目、女の子は32日目とする地域が多いようです。
ですが、実際には日数にこだわる必要はなく、生後30日前後でママや赤ちゃんの体調が良い日や、天気の良い日、家族の休日などの都合で選んでもかまいません。
地域のしきたりによっては日数が限定されていることもありますが、おおよそ生後1ヶ月から3ヶ月の間で、真夏の猛暑時期や冬の極寒時期をはずして気候の良い(穏やかな)季節になってから行う場合もありますし、祖父母が遠方に住んでいる場合などは、お宮参りを行った後の食事会で、お食い初めも同時に行うという場合もあるので、家族の都合に合わせて行うのも良いでしょう。
また、お宮参りの日取りについては六曜にこだわる必要はなく、大安の日でなくても問題ありません。

どこの神社に行く?

2956bfb17a9d38f1a8b1d1faf0766425_s
昔のお宮参りは、神様に参拝して新しい氏子(うじこ)として祝福をうける行事・お産の忌明けの儀式の意味合いもあり、生まれた場所や住んでいる地域の産土神が祀ってある神社に参拝するのが一般的とされていました。
しかし、最近は神様に赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長を祈念するための行事となっているので、現在では「出生地や住んでいる地域の神社でなければならない」と言う事はなく、場所にとらわれず崇敬している神社や思い入れのある神社に参拝する人も増えてきています。

赤ちゃんの服装は?

2b5ffbb39c8d79ffb8b3c476487ca877_s
お宮参りの赤ちゃんの服装については、和装・洋装とあります。
和装の場合、男の子は羽二重の紋付で鷹や鶴などのおめでたい絵が描かれた熨斗目(のしめ)模様、女の子はちりめんの花柄や友禅模様の祝い着が定番です。
洋装の場合、ベビードレスにケープをかけた服装が人気です。

パパママの服装は?

お宮参りの際のパパやママ、付き添いの家族の服装は、基本的には主役である赤ちゃんの服装に合わせます。
赤ちゃんが本格的な祝い着(和装)の場合は、家族も紋付の礼装か、無地の着物や訪問着といった略礼装にします。
赤ちゃんがベビードレス(洋装)の場合は、スーツやワンピースなどの洋装が一般的です。
しかし近年では、和装・洋装にとらわれる事なく、赤ちゃんが和装を着ていても、付き添いの家族はスーツやワンピースなどの洋装で参加するケースもよく見かけるようになりました。
事前に両家の服装もすり合わせておくのも良いかもしれません。
また、ママが着物を着る場合は長時間授乳できないので、母乳のママは搾乳しておく(赤ちゃんも哺乳瓶に慣らしておく)などの用意をオススメします。
赤ちゃんとママに負担の少ない服装を選ぶと言う事も大切になってきます。

赤ちゃんはだれが抱っこするの?

お宮参りのときに「赤ちゃんを抱っこするのは父方の祖母」と言うのが、昔からの習わしであり一般的なスタイルです。
昔は、お産は穢(けが)れたものと考えられていました。
産後1ヶ月のママは、まだ穢れを払う忌明けが済んでいないので、その代わりに父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするとされていました。
産後間もないママの身体を気遣うという意味も込められているようです。
しかし、現代ではお宮参りの儀式自体も簡略化されてきていて、しきたり・作法にこだわり過ぎる必要もなくなってきています。
近年では赤ちゃんと両親だけでのお参りも多いので、家族の状況や都合に合わせて対応すれば良いでしょう。

お宮参りの初穂料(はつほりょう)・玉串料(たまぐしりょう)の相場は?

17d11c943fb73114322aabf41d319e23_s
お宮参りの方法は2種類あり、通常の参拝と同じようにお賽銭を入れてお祈りする方法と、お祓い(おはらい)をうけて祝詞(のりと)を上げてもらう方法があります。
祝詞を上げてもらうには事前に神社の社務所に連絡して、祈祷の料金を事前に確認しておきましょう。お宮参りの祈祷料のことは、初穂料や玉串料と呼びます。
当日は謝礼として初穂料(玉串料)を用意する必要があり、神社によって金額の設定があったり、任意の金額を包むなど違いはありますが、5,000~10,000円くらいが一般的な相場となります。

お宮参りの流れ

67cfb477dfb32cb1918d6c3b271ab055_s
1、家族で日程を調整する

2、神社の予約をとる
祝詞を上げてもらう場合はお宮参りをする神社に予約を入れましょう。
その際には赤ちゃんの名前や、生年月日を聞かれる事が多いでしょう。
祝詞をあげてもらわないのであれば予約をする必要はありませんし、予約をとる必要がない神社もあります。

3、記念撮影の準備・予約をする
お宮参りの衣装がレンタルだったり、撮影場所や時期によっては早めに予約する必要があります。
お宮参りと撮影を同日にすると赤ちゃんも疲れてしまうので、前撮りしたり後日撮影をするご家族も多いです。

4、食事会の場所をおさえる
お宮参りの後に家族みんなで食事をすると言うケースも多いようです。
当日に慌てなくて良いように食事会の場所も予約し、神社から撮影場所・食事場所の道順なども確認しておくと良いでしょう。


まとめ


ひとくちにお宮参りと言っても、地域のしきたりやマナーなど「難しい事が多いな…。」と不安になってしまうかもしれませんが、お宮参りは赤ちゃんが生まれて最初の大きな行事なので、形式にとらわれすぎず、心から赤ちゃんの誕生をお祝いしましょう。
近年のお宮参りは、赤ちゃんや家族の状況や都合に合わせた自由な形式で行われる事も多く、家族全員が楽しく赤ちゃんの成長を願いお祝いできることが1番と言う傾向が強いので、無理のないお宮参りをオススメします。
本記事は、お宮参りの基本的な予備知識として知っておくと役に立つと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。
どうしても心配な場合は、お宮参りをする予定の神社に事前に確認しておくと、お宮参り当日も安心して参加できるかと思います。