見て、触れて「おもちゃ」のテーマパーク

冬になり赤ちゃんや幼児をどこかのテーマパークへ連れて行ったりしますよね。
テーマパークに限らず、少し遠出して旅行に連れていったりして赤ちゃんや幼児からすれば真新しい刺激を与えて成長を促す良い効果もありますし、1つ1つの経験が赤ちゃんにとっては思い出にもなりますね。

今回は、「群馬県軽井沢」「兵庫県東条湖」2つにあるテーマパークのうち、軽井沢の「おもちゃ王国」についてご紹介させていただきますね!


おすすめレジャーを体験

軽井沢のおもちゃ王国では、12月19日(土)より冬季営業がスタートします。

おもちゃ王国でもおすすめイベントとしてあげられるのが、

■大迷宮アスレチック


5階層という高さからなる巨大なお城!
お城の中にはたくさんのアスレチックやカラクリがあり、真っすぐ進んだり曲がったり、上がったり下がったりと何通りもの楽しみ方できます。

コースが2つあり、
「体力コース」
「知力コース」
と分かれています。

ただただ進むだけでは制覇できず、何度も同じところを行ったり来たりを繰り返し、時には「運」も作用するためまさに「挑戦」という名に相応しい作りになっています。

お子さま1人で挑戦するなら、それは「試練」であり、ご家族全員での「協力」をすることで協調性も養えそうですよね!

初めての雪デビュー

赤ちゃんから幼児のお子さまで、今年初めて雪に触れる!という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

おもちゃ王国にはなんと400㎡ソリ遊び場や雪遊び広場と初めて雪と触れ合うにはピッタリの環境が揃っています。


ソリは持ち込みも可能ですし、お持ちでない方はレンタルもやっていますのでソリがなくて遊べない!なんてことにはならないので安心してくださいね!

お子さまと一緒に雪遊びといえば雪合戦のイメージもありますが、子供が好きそうな遊び…そう、「かまくら作り!」



こういう遊びを一緒にやることで貴重な体験ができること間違いなしですね。

子供にとって初めての経験とか、親子で何かを楽しむ、その場にいる他のお子さんと一緒に遊ぶことで協調性や感情豊かな性格を育む良い体験となります。

他にもたくさんのスノーアクティビティがあります!

「渓流釣り」を楽しんだり、「冬の森体験ツアー」「スノーラフティング」と普段の生活ではなかなか経験できないイベント盛りだくさんです。

ただ、アクティビティによっては年齢制限があるので、事前にしっかり調べておきましょうね!

親でも安心施設があります

小さなお子さんが一緒の場合、何かとないと困るアイテムや施設ってありますよね。
その辺も安心してください。

■ベビーカーの貸し出し
万が一の時にも入口で貸し出ししているので安心です。

■迷子ステッカー
ステッカーにパパ・ママの名前と電話番号を記入してお子さまの洋服に貼り付けるだけ。まだお喋りが苦手なお子さまでも、ステッカーに書いてある情報から直接ご両親に連絡が取れますね!

■おむつ替え施設
赤ちゃんはいつおむつを替えなければならないかわかりません。
そんな時、助かる施設ですね。

■授乳スペース
こちらもおむつ替えと同様ママには助かる施設。
授乳室にはお湯をサービスで用意してくれているそうです!

■その他
フードコートには離乳食も販売してあり、持参の離乳食でも電子レンジで温めることも可能です。


子供が生まれると生活の中心に必ず子供がいて、優先順位も今まで通りではなくなりますよね。
何かと子供中心の生活になり、今まで旅行行くにも気にしなかった部分を気にしたりします。

ただ、パパ・ママが頑張って子供を楽しませようとしていることを必ず子供は覚えています。
それが、パパ・ママに対する信頼であり親子の絆だと思います。

この冬に新しい体験を子供と一緒にしてみてはいかがでしょうか。