妊娠中、授乳中の予防接種について☆

妊娠中は体力が低下しやすく、風邪などの感染症にかかりやすくなります。
しかし、薬の使えない妊婦さんにとって病気や感染の危険と言うのは避けて通りたいものです。
手洗い・うがい・マスク・人ごみを避けるなど家族で気をつけていても、すでにお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんが学校や幼稚園・保育園で風邪やインフルエンザなどの病気をもらって帰ってくる事も少なくありません。
64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_s

感染予防で代表的なものと言えば、インフルエンザ・おたふく風邪など予防接種ですが、妊娠中や授乳中は予防接種を受けることができるのでしょうか?
ワクチンによる胎児・乳児への影響に不安を感じるママもいると思います。
今回は予防接種の目的、ワクチンの種類、予防接種を受ける時の注意点なども含めて、妊娠中・授乳中の予防接種について記載していきます☆

予防接種の目的

予防接種は、目的の病気にかからないように感染を防いだり、もし病気にかかったとしても重症化しないように、身体の中に病気に対する抵抗力(免疫)をつけることが目的です。

ワクチンの種類

予防接種に用いられるワクチン(薬液)は、生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドなどがあります。
28c9fa5fd685aae240bca591b156da9e_s

生ワクチン;
病原体となるウイルスや生きた細菌の毒性を弱め病原性をなくしたものを原材料として作られ、それを接種することによって、その細菌やウイルスが体内で増殖してその病気にかかった場合と同じように抵抗力(免疫)を高めようとするものです。
長期にわたり免疫が持続されやすいので、接種の回数は少なくて済みますが、十分な免疫ができるまで約1か月ほどかかります。
生ワクチン
ウイルス はしか(麻しん)、風しん、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)、ロタウイルスなど
細菌 結核(BCG)

不活化ワクチン;
病原体となるウイルスや細菌を殺して毒性をなくしたものを原材料として作られます。抵抗力(免疫)をつけるのに必要な成分を取り出してワクチン化したものです。
自然感染や生ワクチンのように体内で細菌やウイルスは増殖しないため、十分な抵抗力(免疫)をつけるために複数回の接種が必要です。
免疫の持続が短いため免疫効果を維持するために複数回あるいは定期的に追加して接種を行います。
接種回数はワクチンによって異なります。
不活化ワクチン
ウイルス 日本脳炎、インフルエンザ、B型肝炎など
細菌 百日せき、肺炎球菌感染症、ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型(ヒブHib)など

トキソイド;
病原体となる細菌が作る毒素の毒性をなく免疫原性のみを残して作られます。 不活化ワクチンと同じく、数回接種して免疫をつけます。
トキソイド
毒素 ジフテリア、破傷風

参照:ワクチン情報サイト だから、予防接種

妊娠中の予防接種

妊娠中はお腹に赤ちゃんがいることから、大切な赤ちゃんを守るためにも病気にかかるわけにはいきません。
病気の重症化を防ぐために予防接種をした方が良いと言っても、妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響が心配ですよね。
妊娠中の予防接種は問題ないのでしょうか?
答えは下記です。

妊婦への生ワクチン接種は原則として禁忌
妊婦への不活化ワクチン接種は可能(有益性投与)

※有益性投与;投与した場合の有益性が危険性を上回ると判断される場合に投与するという意味

生ワクチンは基本的に妊娠中は接種できません。
ウイルスが増殖して胎児に何らかの悪影響を与える可能性が否定できないからです。
45c3b96d41892e0c78c4ab83e2efd41e_s

不活化ワクチンは死んだウイルスを使用して作られているので毒性はないので、妊娠中に予防接種をしても母体にも胎児にも影響は極めて低いとされています。
母体や赤ちゃんに副作用・悪影響が出たという報告や、流産や奇形のリスクが高まるという研究結果もいまのところありません。
そのため妊婦さんが希望する場合は予防接種をしても良いことになっています。
冬場に流行するインフルエンザを例に挙げると、妊娠中にインフルエンザが重症化することを考慮すると、不活化ワクチンであるインフルエンザワクチンは接種可能であると判断されます。
また、海外(危険地域)に出かける前に、コレラや日本脳炎・狂犬病の予防接種を行うことは、妊娠中であっても有益性が上回ると考えられています。

3bcbde5adc1658106d2b7846f22b88e9_s

授乳中の予防接種

では、授乳中の予防接種は乳児に問題ないのでしょうか。
授乳中のママへの生ワクチン接種・不活化ワクチン接種はいずれも可能とされています。(有益性投与)

授乳中のママに生ワクチン・不活化ワクチンを投与しても母乳には影響しないと言われています。
ただ、以下の注意点があります。
生ワクチンの接種後2ヶ月以上あけてから妊娠することが望まれます。
接種したワクチンの抗体がママの身体に出来あがるまでは、厳重に避妊して妊娠は避けるようにしてください。
私も先日おたふく風邪の予防接種に行ってきました。(再来月から子供が保育園に通うので…。)
まだ授乳中なので大丈夫なのかなと心配しながら行きましたが問題ありませんでした。
ただ、予防接種の注意事項として、先生に「2カ月は妊娠の計画をしないようにお願いします。」と念を押したように説明されました。

参照:妊娠・産褥期女性にとって重要なワクチンの知識~最近の話題と今後の課題について~ 日本産婦人科医会 研修委員会委員 小林 康祐


まとめ


妊娠中や授乳中の予防接種について記載してきましたが、疑問や不安は緩和されたでしょうか。
不活化ワクチンについては、接種時期は妊娠初期を含め全妊娠期間においてワクチン接種希望の妊婦さんに接種することが可能とされていますが、不安な場合は予防接種を受ける予定の病院の医師に、確認や相談をする事をオススメします。

妊娠初期はワクチン接種に関わらず、自然流産の起こりやすい時期でもあることから予防接種は避けたほうが良いとする意見もあります。
ワクチンを接種しても感染してしまう事もありますし、抗体ができあがるまでに時間がかかる、効果も個人差があるなど、妊娠中の予防接種について医師の見解も異なるのが現状です。

妊娠の週数や上のお子さんの有無などにもよりますが、どうしても予防接種が必要でない限りは予防接種を受けないで済むように、家族で対策(手洗い・うがい・マスクの着用・人ごみを避ける・妊婦さん以外の家族が予防接種をうけるなど)を徹底するのも1つの案です。

a20dd4469cedd911e5828743d9b4d0c8_s
可能であれば妊娠までに予防接種を済ませておき、安心して妊娠生活を送れるようにスケジュールを立てる事をオススメします☆