赤ちゃんの予防接種ってどうすればいいの?

子育てをしていく中で、赤ちゃんのためにしてあげなくてはならないことはいろいろありますよね。
その中の1つとして、赤ちゃんの予防接種があります。
初めての赤ちゃん、初めての予防接種。
一体どうすればいいの!?と困っている人もいるのではないでしょうか。

そういった新米ママのために、今回は予防接種の基礎知識についてお話していきたいと思います。

赤ちゃんの予防接種の種類


赤ちゃんの予防接種の基礎知識として、まずはその種類についてお話しておきましょう。
予防接種には、定期接種任意接種という2つの種類があります。

定期接種は、国が受けるようにつとめるべきと定めているものになります。
定期接種に関しては、原則として無料で受けることができます。
しかし定められている年齢を過ぎてしまうと有料となりますので覚えておきましょう。

そしてもう1つが、任意接種と呼ばれるものです。
これは、個人の判断によって摂取するかどうかを決めるものになります。
費用については、利用する医療機関によって異なるようです。
ただワクチンの種類によっては、自治体から補助が出ることもあります。
たとえ任意接種と言っても、かかる感染症によっては重症になってしまうケースも。
だからしっかりと医師と相談して決めていきましょう。

ワクチンの種類について

予防接種というのは、言い換えればワクチンを打つことです。
そしてこのワクチンにも、さまざまな種類があることをご存知でしょうか。
大きく分けて3種類あります。

・生ワクチン
摂取するウイルスや最近が生きた状態のものです。
しかし毒性自体は、極めて弱くしてあるため基本的に症状が現れることはありません。

・不活化ワクチン
摂取するウイルスや最近を化学処理によって殺したものです。
感染症がなく、ワクチンに必要とされる抗原だけを取り出しています。

トキソイド
3つ目のトキソイドは、最近が産生される毒素を抗原としています。
しかし感染症がなく、毒素も抑えてあります。
破傷風やジフテリアが、トキソイドにあたります。

このほかにも、シナジスと呼ばれるものがありますがこれはワクチンではなく免疫グロブリンです。
RSウイルス抗体がたくさん含まれているものを免疫グロブリンと呼びます。
RSウイルスの影響による重度の細気管支炎、肺炎などを防止する効果があります。

基本的には、早産児や先天性心疾患、肺疾患のある乳児を対象として行います。

予診票をしっかりと読んでおこう

定期接種の場合は、予診票というものが事前に届きます。
定期接種を受ける前に、しっかりとその内容を読んでおくようにしましょう。
また記入点もあるので、忘れず情報を記入するようにしてください。

ちなみにですが、11ヶ月以内に病気をしていたり、発熱や発疹、下痢をしたりと体調が悪い場合は、受けることができないこともあります。

万が一、もともと慢性的な病気を持っているという場合は、しっかりと医師に伝えるようにしましょう。
ほかにも、赤ちゃんがアレルギー体質、過去のワクチン接種で何らかの反応があったという場合も忘れず伝えるようにしましょう。

接種後の生活について

無事赤ちゃんの予防接種が終わったら、その後の生活はどうすればよいのでしょうか。
基本的には、普段通りの生活をすれば問題ありません。
しかし激しい運動などはさせないようにしてください。
のんびりと過ごしながら、2~3日の間は熱を計っておくようにしましょう。

入浴に関しては、当日からも可能です。
しかし摂取した箇所は触らないように注意してください。
もし摂取したところが赤く腫れてしまったり、高熱が出てしまったりする場合は、すぐ医師に相談するようにしましょう。

最後に、予防接種を受ける際は、母子健康手帳を忘れずに持っていくようにしてくださいね。