葉酸を摂取して元気で健康な赤ちゃんを産もう

ママと赤ちゃんを支えてくれる葉酸について調べてみました。
妊娠中や産後のママの体調ってどうなるの??

女性のカラダは、妊娠するといろんな変化が現れる様になります。
妊娠初期だとつわりが始まり、情緒不安定・髪や肌のトラブル、疲れやすくなったり、
だるくなったり様々な症状が出てきます。

妊娠中だけじゃなく、こうしたトラブルが出産後もしばらく続く事もあります。
月経が再開すると、ホルモンのバランスは戻っていきますが、それまでは体調の変化に悩まされることもあります。


妊娠中や出産後に現れる症状を事前にチェックしておきましょう!

赤ちゃん, 眠っている赤ちゃん, 女の赤ちゃん


【妊娠中・出
産後に起こりやすい症状】

(眠くてだるい)
貧血やストレス、ホルモンのバランスが乱れる要因が重なって起こりえる。
とにかくグッスリと睡眠をとりましょう。

(気持ち悪い)
妊娠初期に起こりだす、つわり。
お腹がすくと気持ち悪くなる空腹づわりや、食べることが気持ち悪くなる吐きづわり。
いろんなタイプのつわりがあります。

(イライラや憂鬱)
ホルモンバランスがくずれ、ストレスが自律神経に影響する。
あまり深く考えず、気分転換やリラックスし思いつめないこと。

(頭痛がする)
皮脂の分泌が多くなるから、皮脂腺が閉じやすくなっているため。
低刺激のシャンプーで頭皮を優しく洗う。

(シミ)
ストレスや貧血が原因。紫外線をしっかり防止!
栄養もちゃんととること。

そんな妊娠トラブルには、葉酸を摂取しましょう!
妊娠中はママの栄養をお腹の赤ちゃんが摂ることになります。
つわりがひどくて、食事が出来なくなる人も中にはいます。
さらに妊娠中期以降になると、ママに必要なビタミンやミネラルまで減らしてしまって栄養不足になることも…。

そんな時には、水溶性ビタミンB群の一種である、葉酸を摂取すると良いとされてきました。

元気で健康な赤ちゃんを産むには、ママの栄養のコントロールがとっても大切です。

葉酸は、厚生労働省が【神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までのあいだ、葉酸の摂取が必要】とある様に、
ビタミン、ミネラルの中でも葉酸は赤ちゃんを産むためのとても大切な栄養素です。

葉酸は普段の食生活の中から摂取することは難しいとされている。
緑黄色野菜は茹でてしまうと栄養素まで流れてしまうし、肉類だと、カロリーまで増えてしまいます。それに、毎日葉酸が含まれた
食品ばっかり食すのも、大変なことですよね。

アメリカ政府は、1日に葉酸0.4mgをサプリメントで摂る様に勧めています。
毎日無理のない様に葉酸を必要量摂取するために、サプリメントで摂取するなど上手に葉酸を生活にとり入れてみましょう!!

 

『葉酸』っていつから飲めばいいの?

葉酸を飲もうか迷っている今から飲みましょう!!

妊娠1ヶ月以上前から3ヶ月までの間(妊娠12週)までの摂取が望ましいとされています。

なので、妊活をしようと決めた日から葉酸を飲むのが正解なんです。

妊娠1ケ月以上前とは、いつ頃??
つまり妊娠する前の最後の月経開始日以前ということになります。


 

葉酸の1日必要摂取量って?

(妊娠前)

1日あたり「400ug(0.4g)」

(妊娠中)

1日あたり「480ug」

(出産後(授乳中))

2015年版食事摂取基準によると、授乳中は1日あたり340ugの摂取が勧められています。

母乳は血液から出来ているので、造血をサポートしてくれる葉酸はどんどん積極的に摂取したいですね。

母乳を通じて赤ちゃんにも栄養が行き届くので、お腹の赤ちゃんの成長をサポートしてくれる葉酸は、ママと赤ちゃんにとってなくてはならないサポーターですね!!